建設委員会 県外調査

10月23日〜25日東京地区にて委員のメンバーで調査に行きました。 初日は、他の公務のため2日目からの参加となりました。

主な視察箇所は、下記の通り。

◯東京都庁(都議会の委員会室にて)   ・水道広域連携事業 ・水道施設老朽化対策

◯有明給水所 ・有明給水所関連送水管整備工事

◯豊洲市場 ・市場の概要、各施設

◯都市計画道路環状2号線 ・工事概要、オリンピック等の影響対策 東京都は、予算規模が広島県とは雲泥の差があり事業規模は比較になりませんが、安定した水の供給のための広域連携、配管の取り替えなどかなり前から計画して取り組みを推進されています。 色々と問題のあった豊洲市場ですが、鮮度のいい水産物を届けていくには温度管理を含めた衛生管理、物流網の整備され格段に環境が良くなったと印象を受けました。 日本一の市場の規模に驚きました。

一方で観光客からすると身近で見れないなど少し寂しい印象も受けました。 都市部の渋滞緩和は首都高速等の整備を進めていますが、これでも計画の6割しか完成してないとのこと。 選手村から近くに環状線を繋げることで選手の移動もスムーズにとのことです。 選手村のマンションは、一般販売され一つの街に生まれ変わります。 最終日は、大雨に見舞われ飛行機も大幅に遅れて到着しました。

千葉では大雨で再び被害が広がっています。 これ以上被害が大きくならないように危惧しています。