東区会派視察

12月2日、自身が事務局となり会派で東区を視察し、県の事業、被災状況などを知っていただきました。

◯広島高速5号線(二葉山トンネル) 12月議会で上程予定の高速5号線を視察。 市民、県民の生活が豊かなになる公共事業について、反対はしませんがこの度の工事費の増額、契約、プロセスについて疑問が拭えない部分も多く、メディアの取材もあり、メンバーから意見も多数あがりました。

◯東区役所 篠原区長より、東区の概要、地域共生社会に向けた取組、建設部長より広島駅周辺開発についてお話しいただきました。

◯大谷川被災現場 東区で唯一亡くなられた馬木地区の大谷川の被災現場と、国の砂防ダム事業について国交省、県の砂防課長より工事計画の説明を受けました。 一日でも早い復旧に向けて私も尽力していきます。

◯鉄道の被災状況 私の出身である、JR西労組より豪雨災害での被災状況、代行輸送、復旧に向けた取組や課題について説明を受けました。 限られた時間ではありましたが、会派の皆さんに少しでも東区の現状や課題、公共交通について知っていただける機会となりました。