9月議会閉会

10月2日、15日間の日程全てが終了し、9月議会が閉会しました。 本議会では、約160億円の補正予算が可決されました。

一方で、バブル期に行った土地投資信託事業の負債73億円が残ったままの売却、人材不足などに伴う復旧復興計画の変更、公立高校入試選抜制度の見直し(素案)などについて議論されました。

議会閉会後、支援団体から政策要求の共有、聴覚障害団体による手話言語条例制定に向けて必要性を勉強をさせていただきました。

その後は、先輩議員と一緒に市民相談を受け、中本県議会議長を祝う会へ出席し、9月議会の最終日を迎えました。

9月議会の内容は県政だよりを作成し、街頭でもお配りさせていただきます。